ホーム

共に成長し、共に未来を創る。
人はいくつになっても、学び成長できるものです。

株式会社セルフトランセンデンスは
「社会にとってかけがえのない人材という資源を最大限活用する」
という理念のもと、組織の力となる人材育成をいたします。

 

社名の由来「セルフトランセンデンス」=自己超越

情報社会・知識社会の次にくる社会とは何か?

それは“人”と“社会”の歴史の観点から予測されうる「自己超越社会」であると考えます。

【人の歴史から見る、自己実現の世界】

“人”の歴史を考える上で、マズローの欲求段階説を参考にしています。マズローの欲求段階説は、低次(三角形の下の部分)の欲求が充足されると、より高次(三角形の上の部分)の欲求へと段階的に移行するという理論。例えば、世界の貧しい国の方々は、日々生きることに必死です。そのような状況下において、“人”が高次に位置する「承認」や「自己実現」を満たそうと考えることは難しいと言えます。ただし、現在の日本においては社会の発展により、“人”がより高次の欲求に上ってきたと言えます。